【北京だより】9月25日号

9 25 2020

今週は北京市内自由市場の様子をご紹介させていただきます。
今回ご紹介するのは大黄荘自由市場(中国語では「早市」といいます)で、東五環路の外側に位置し、朝6時から10時まで営業しています。コロナ以来、自由市場の管理も厳しくなり、大黄荘自由市場の営業面積や営業内容等も縮小されました(海鮮販売や生肉販売等が減少)。現在は、野菜や果物、調味料、生活用品、衣類等に集中しています。

 

野菜販売がメインで、値段はスーパーより1割か2割程度安くなっています。

 

 

季節の果物、ナツメやブドウ等、山のように積まれています。ナツメは1kg、15元、リンゴとモモは1.5kg、10元、スーパーより安くて人気が高いです。

  

 

北京市郊外の懐柔区には山が多く、そこの特産物も登場しています。
甘栗は1kg、15元で、お客のニーズに応じて現場で写真にある煙突のような小さな機械を利用して無料で皮を剥いてくれます。クルミの場合、手作業で皮を剥きます。

 

 

一部のところで海産物も販売されていますが、以前に比べ、種類はたいぶ少なくなっています。

 

間もなく中秋節を迎えますので、自家製の月餅も販売されています。高級な包装が無く、味も伝統的で、お年寄りには人気です。

 

市場の片隅では生活用品や調味料等も売っています。

 

露店市場以外に、屋内のスペースもあり、ここでは炒ったナッツ類、肉類等が販売されています。

  

 

市場管理室のところでは、農薬残留物等についての検査情報が開示されています。

 

 

以上

最新情報
【その他】2020/10/30
【商務部副部長兼国際貿易交渉副代表の王受文氏が世界貿易機関(WTO)非公式閣僚会合に出席】2020/10/30
【独占禁止審査制度を健全化し経済の質の高い発展を推進する――『事業者集中審査暫定規定』に関する解説】2020/10/30
【青島人民政府よりお知らせ】2020/10/30
【セミナー】上海市外国投資促進中心・華鐘コンサルタントグループ 第29回秋季中国セミナー(オンラインセミナー)当面の中国経済情況と日系企業事例報告2020/10/28
【商務部党学校は2020年秋学期の始業式を執り行った】2020/10/28
【李克強総理 中国南水北調集団有限公司設立について重要な指示を行う】2020/10/27
【商務部 鐘山部長 ドイツのアルトマイヤー経済大臣と電話で会談】 2020/10/26
【北京だより】10月23日号2020/10/23
【2020年全国消費促進月間は積極的な成果を挙げた】2020/10/23
【商務部は中国からの1~9月の海外直接投資状況を発表】2020/10/23
【9月の消費者物価指数(CPI)を発表】2020/10/23
【中国の1~9月の3四半期の経済は回復、マイナスからプラスに転換】2020/10/23
【ご報告】特別セミナー(第7回)を開催しました2020/10/22
【マクロ経済】2020/10/22
【国家発展改革委員会が『中国ビジネス環境報告2020』の発刊を正式発表】 2020/10/22
【貿易通関・外貨管理】2020/10/20
【『中華人民共和国輸出管制法』 12月1日施行】2020/10/20
【法令】『中華人民共和国輸出管制法』などが公布されました2020/10/20
【セミナー】目の当りにした中国人の消費行動とこれからの中国プロモーション事情を考える2020/10/20
12345678910...