【商務部が中国アメリカ商会及び会員企業代表とオンライン座談会を開催】

8 06 2020

「商務部が中国アメリカ商会及び会員企業代表とオンライン座談会開催」
(7月31日付け、商務部HPより) 

・7月30日、商務部副部長兼国際貿易交渉副代表/王受文氏が中国アメリカ商会と会員企業代表とのオンライン座談会を実施し、中米経済貿易関係や中国の商環境の最適化などにつき意見交流。
・座談会には、同商会のアラン・ビービ総裁及びアムウェイ、マース、ゼネラルモーターズ、インテル、スターバックス、コルテバなど20社以上の米国企業の代表が参加。
・王受文氏は、新型コロナウイルス肺炎が世界で拡大するなか、『外商投資法』及び関連条例やネガティブリストの公布など外資参入緩和を進めている中国の取り組みを説明したうえで、中国アメリカ商界に対し、中米両国の架け橋としての役割、実務協力の拡大、経済・貿易分野の関係安定への期待を表明。
・アメリカ商工界側からは、平等・互恵・持続可能な中米関係の構築に注力し、経済・貿易問題を政治化することに反対。米国企業は中国市場を非常に重視しており、(発効済の)米中経済・貿易協定の実施に積極的に参画し、成長してきたいと表明。


(記事原文)

最新情報
【その他】2020/09/28
【韓正副総理 長江デルタ一体化発展推進指導グループ全体会議を主宰】2020/09/28
【 有効な在留資格(3種類)を保有する外国人の入国に関する告示について】2020/09/25
【セミナー】米中関係をどうみるべきか2020/09/25
【セミナー】中国ビジネスオンラインセミナー ~日中間往来の最新事情とビザの手続きについて~2020/09/25
【北京だより】9月25日号2020/09/25
【国務院が北京・湖南・安徽各地自由貿易試験区計画並びに浙江自由貿易試験区拡張計画を発表】2020/09/24
【 鐘山部長 2020年G20貿易・投資大臣会合(テレビ会議)に出席】2020/09/24
【在中国日本大使館からお知らせ】新型コロナウイルス感染症(中国政府発表:有効な三種類の居留許可を有する外国人の入境許可(9月28日から))2020/09/24
【マクロ経済】2020/09/23
【国家統計局、8月の小売売上高を発表、前年同月比増加】2020/09/23
【習近平主席が菅義偉新首相に祝電】2020/09/23
【ご報告】中国ビジネス実務セミナーを開催しました2020/09/18
【商務部:王受文副部長と米中ビジネス評議会の理事会メンバーとオンライン座談会を開催】2020/09/18
【北京だより】9月18日号2020/09/18
【外資政策】2020/09/17
【2019年度における中国の対外直接投資統計の公報】2020/09/17
【産業政策】2020/09/16
【中国国務院弁公庁は9月10日、企業負担を軽減する商事制度改革の深化に向けた政策方針を発表】2020/09/16
【一帯一路共同建設の2020年重点作業推進会議を福建省泉州で開催】2020/09/15
12345678910...