【北京だより】6月12日号

6 12 2020

今週は北京市の東5環路の郊外にある大手スーパーAuchanの様子をご紹介させていただきます。Auchan(中国語名:欧尚)はフランスの小売店ブランドであり、1999年より中国に進出し、現在中国全土で70店舗を展開しています。家賃の高騰やネット販売の流行等に伴い、大手スーパーは市内中心部では次第に減少していき、将来的には郊外でしか見られなくなるでしょう。
 

店内では夏の大バーゲンを実施しています。 


 

生鮮食品売り場は一番人気が高いです。 

 

 

Auchanはネット販売にかなり力を入れ、店にはデリバリー専用の空中輸送レールもあります。 

 

 

使用したショッピングカートを指定した場所に誘導する(人手を節約する)ため、事前に1元コインを投入して初めてカートを使えるようになり、使用後に指定した場所に返し、前方のカートと繋げた後に、投入した1元が戻ってきます。 

 

子供が遊ぶキッズコーナーもありますが、コロナの影響で未だ営業していない状態です。 

 


以上