【成都中日合作地方発展モデル区】

6 03 2020

●成都市について:
成都は「一帯一路」重要な拠点都市であり成都・重慶経済圏の中核都市である。成都市の面積は1.2万㎢、2019年時点での実際の人口は2,120万人、GDPは1.7兆元に達し市場としても魅力的な都市であり、日系進出企業は326社を超え、日本との往復便も週29便と利便性も高い都市である。

●モデル区について:
概要 :文化を中心に産業を創造していく「文化+」をテーマに日中双方の発展、西部文化クリエイティブ産業の発展、第三国市場共同開拓を目指す。
場所 :瞪羚谷片区(4.6㎢)、騎竜片区(5.3㎢)、成都未来科学城(27㎢)



誘致業種:
アニメ、ゲーム、コンテンツ、テーマパーク開発運営、エンターテイメント、インキュベーター、投資ファンド、小売、ホテル、飲食、科学技術、金融サービス、専門学校、商業施設、医療介護、医療器械、人材育成、医薬、バイオ、デベロッパー、設計建設。

モデル区における施策
・TOD開発(公共交通指向型都市開発)
・中日共同イノベーションセンター創設
・都市アニメのテーマパーク創設
・中日デジタル文化クリエイティブタウン創設
・中日芸術イノベーションセンター創設
・コミュニティ医療康養センター創設
・中日医学シティー創設
・日本センター創設

政策:
「産業育成政策」
専門資金を設立し、段階ごとにユニコーン及びトップ企業の育成に取り組み、最高200万元の奨励金を一括で支給する。

「人材激励政策」
各種人材に対して、最大220平米のマンションと500万元の起業資金を提供する。

「科学技術イノベーション政策」
科学技術イノベーション発展資金を設立し、企業の研究開発とイノベーションをサポートし、最高1000万元の補助金を支給する。

「産業サービス政策」
主導産業に対し、産業エコシステムを構築し、研究開発、販売などの一部に最高1000万元の補助金。

「産業誘致政策」
高レベル企業と重要産業に対して、独自政策を実施し、最高1億元の奨励金を支給。

四川省人民政府HP「成都中日合作地方発展モデル区への4件の入居契約」
http://www.sc.gov.cn/10462/10464/10797/2020/5/21/e6d019c31f2445d3ae46e8084fd01ffe.shtml

紹介資料PDF(日本語)
https://ww.lanzous.com/icsqz6h

2020年5月20日に行われた紹介会及び契約式のビデオ
(中国語)
http://www.lezhibo.com/front/video?id=e22bf19663064718b678135a85e7257a
(日本語)
http://www.lezhibo.com/front/video?id=b692db7a14e24e09b6e7200ca2069a5f