【ビジネスマッチング】中日合作地方発展モデル区のご案内

6 03 2020

●背景

2020514日、国家発展改革委員会により江蘇省蘇州市、山東省青島市、四川省成都市、上海市、天津市、遼寧省大連市が中日合作地方発展モデル区として批准された。

 

●内容

中日両国の貿易量は年々増加し続けており、中国に進出している日系企業は2.3万社を超える規模となり、日中双方にとって両国の経済の結び付きは重要な位置付けとなっている。

また、中国の経済成長により中国国内需要の成長は目覚ましく、世界中の投資家が中国の市場性に注目し、多くの企業が旺盛な需要を取り込むべく模索している。しかし、中国市場への参入には中国政府や中国企業の協力が無くてはならない存在となっていることは周知であり、中国進出において進出地域やパートナー企業の選定は重要な要素の一つである。

今般、『中日合作地方発展モデル区』の設立により、各地方が特徴を持ったモデル区設立を計画しており、積極的な政府支援や中国企業との合作が期待出来るため、中国進出や事業拡大をご検討されている方は是非とも情報収集、そして現地視察をご検討頂きたい。

 

●中日合作地方発展モデル区設立のポイント

・日中協力分野の焦点化

コミュニケーション構造を確立させ、安定した基盤を構築する。

・経営環境を最適化。

モデル区建設の為に法律、行政手続、市場などの分野で良好な条件を作り、モデル区の建設レベルを高める。

・政策体系を充実化。

既存政策を活用し、投資、財政、税などの分野で省・市のサポート力を強める。

・宣伝力を強化

各種メディアを通じて中日合作地方発展モデル区の成果を宣伝し、企業の自信を強める。

 

 

●紹介

各モデル区の紹介については以下の通りとなります。

四川省成都市(詳細はこちら
遼寧省大連市(詳細はこちら

上海市(詳細発表次第更新予定)

天津市(詳細発表次第更新予定)

江蘇省蘇州市(詳細発表次第更新予定)

山東省青島市(詳細発表次第更新予定)

 


●参考

【国家発展改革委員会による中日合作地方発展モデル区についてのTV会議】

(江蘇省発展改革員会HP

http://fzggw.jiangsu.gov.cn/art/2020/5/15/art_282_9121199.html

 

●問合せ先

少しでもご興味、ご関心をお寄せの方はご連絡をお願い致します。

日中投資促進機構 事務局(吉田学)

メールアドレス:yoshida_manabu@jcipo.org