All Posts Blog: JCIPO INFORMATION

【ご報告】広西壮族自治区欽州市人民政府ご一行が来訪されました

5 13 2016
65
0

①欽州保税港区は深水港であることから30万トン級の貨物船が着岸できる港を2つ有し、香港経由ではあるものの、東京・横浜への直行便を運航しています。 ②欽州港経済技術開発区は2010年11月正式に国家級経済技術開発区としての批准を受け、指定地域面積は10平方キロメートルに及びます。 ③中馬欽州産業園区はマレーシア政府との共同建設によるもので、中国において蘇州工業園区、天津エコシティに次いで3番目の外国政府との共同開発の産業園区です。誘致重点産業はスマート製品製造、通信技術、バイオテクノロジー、医薬関連です。

【ご報告】2016年度 第1回「経営問題研究会」を開催しました

4 21 2016
62
0
2016年4月20日(水)、今年度第1回となる「経営問題研究会」を『中国企業の対日投資について』と題して開催し、中国企業の対日投資や日中のビジネスマッチングにおける実績が豊富な㈱名南経営コンサルティングの小島成樹代表取締役副社長をお招きしてお話を伺いました。

【ご案内】「江蘇·日本経済貿易協力セミナー」(2016年5月12日、東京)

江蘇省と日本の経済貿易の協力水準をより一層高め、双方向の投資を全面的に進めるため、江蘇省人民政府の石泰峰省長を団長とする江蘇省経済友好代表団一行がこのたび日本を訪れ、「江蘇·日本経済貿易協力セミナー」を開催いたします。

1.日時:2016年5月12日(木)セミナーの部16:30-18:00(16:00受付開始)、立食交流会の部 18:15~19:45
2.場所:ザ·プリンスパークタワー東京「ボールルームA~B」(セミナーの部)、「ボールルームF~G」(立食交流会の部)
3.
主催:江蘇省人民政府

※お申し込みは、本セミナーの協力団体である日本国際貿易促進協会までお申込み願います。

【ご案内】華鐘コンサルタント他 第20回 2016年春季セミナー「『第13期5ヶ年計画』中の日系企業経営の諸課題」(5/13-20、日本会場)

4 15 2016
97
0

上海市外国投資促進センター・華鐘コンサルタントグループ・三井住友銀行他共催 第20回 2016年春季セミナー「『第13期5ヶ年計画』中の日系企業経営の諸課題」(5/13-20、日本会場) 謹啓 陽春の候、時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。 さて、日本の国会に相当する中国の第12期全国人民代表大会第4回会議が3月5日に開幕し、その政府活動報告の中で、2016年~2020年の「第13期5ヶ年計画」期間中における経済成長率目標が、前5ヶ年の平均7%目標から「平均6.5%以上を保つ」と設定されました。また、鉄鋼、石炭、セメント等の重厚長大型産業分野での過剰設備・過剰在庫の解消、経営不振のいわゆる「ゾンビ企業」に対する再編・清算とこれに伴う失業者対策等、構造改革に取り組む方針が強調されました。 一方の日系企業では、生活関連製販企業とコンビニ、一部大型小売店の好調、小型車減税政策の恩恵で堅調な自動車産業の他、人件費高騰を背景に工場自動化ニーズの高まりによるロボット関連産業や関連設備メーカーの好調さとは対照的に、加工輸出型企業を中心とした撤退・組織再編・リストラの流れは一昨年より基本的に変わっておらず、依然として二極化傾向にあると言えます。 華鐘コンサルタントグループは、今年で創業22周年を迎え、半期の一度の本セミナーは12年目を迎えることになります。会員企業様をはじめ中国事業関連の皆様方へ「半年に一度の現地報告」という位置付けで実施して参りましたが、今回も足元の中国マクロ経済分析と今後の展望、外国投資法に代表される新外資政策の紹介、最近の日系企業の事例報告についてご報告致します。 多くのお客様にご参加頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。 謹白

【ご報告】第10回中国(河南)国際投資貿易商談会に出席しました

4 15 2016
35
0

2016年4月7日(木)~9日(金)、河南省鄭州市で開催された第10回中国(河南)国際投資貿易商談会に日中投資促進機構北京事務所首席代表・谷崎秀樹が出席いたしました。 今回の訪問では、当機構会員企業である富士電機㈱、および㈱ユーキャンの中国法人である北京生涯科技有限公司にご一緒いただき、中国側受入機関である河南省商務庁より行き届いた接遇を受けました。 本商談会は国家級のもので、当機構も協力機関の一つになっております。 出席者は、河南省のトップである謝伏膽中国共産党河南省委員会書記、陳潤爾河南省長をはじめ、全国から参加、海外では、日本をはじめ、インド・アルバニア・南アフリカ・カンボジア・アメリカ・ドイツ・イギリスなど80カ国から参加者があり、合計1,500名以上に上りました。 ちなみに、陳潤爾省長は、この商談会のレセプションが開催された4月7日当日に省長に選出されたとのことです。 河南省は、2015年末時点で1億700万人の人口を擁し、古くからの中原として、中国の中心に位置しています。 そのため、高速鉄道網、高速道路網の要衝となっており、インフラ整備が急速に進んでいます。 今回の訪問では、徐済超副省長、張広智副省長、それぞれとの会見に参加し、特に徐済超副省長に対しては、当機構の活動状況を直接紹介することができました。 二人の副省長からは「今後河南省政府の方針として、鄭州航空港経済綜合実験区、国家糧食生産革新区、中原経済区という三つの産業の振興を図っていきたい」との説明がありました。 当機構ではさまざまな機会を捉えて、中国各地方政府との情報交換・関係促進を進めてまいります。

【ご案内】2日間でマスターする中国ビジネス実務特別講座(2016年5月13日、6月17日 横浜市)

【ご案内】2日間でマスターする中国ビジネス実務特別講座(2016年5月13日、6月17日 横浜市)
(貿易、外貨管理、税法、ビジネスモデル、人事労務、個人所得税、会社組織)

中国ビジネスの専門家として多大な実績をお持ちの、水野コンサルタンシーグループ代表の水野真澄氏、上海開澤法律事務所パートナー弁護士の王穏氏をお招きし、2日間で中国ビジネスに必要な実務知識をマスターする特別講座を開催いたします。

1日目は5月13日(金)、労働契約書の締結、就業規則の作成、経済補償金の計算と支払い、ストライキ対応、人事評価、社会保険、個人所得税の計算といった、中国における人事労務の重要事項を網羅したプログラムを用意しております。

2日目は6月17日(金)、中国ビジネスを進めるうえで必須の知識となる、中国の外貨管理、税法、ビジネスモデル、貿易に関する制度や規制の内容を1日かけてマスターします。

最新情報
【商務部発表情報】2022/09/27
【2022年G 20貿易・投資・産業大臣会合がインドネシアで開催】2022/09/27
【産業政策】 2022/09/26
【中国-ASEAN 生産能力・投資協力フォーラムを開催】2022/09/26
【米中関係】2022/09/26
【米国の対中関税は「懲罰的」ではない、米国通商代表述べる】2022/09/26
【ご報告】上海市浦東新区駐日本経済貿易事務所・叢佳首席代表が来訪されました(2022/9/20)2022/09/22
【ご報告】中国・ASEAN博覧会事務局との協力に関する覚書締結のオンライン会議に参加し、覚書を締結しました(20220915)2022/09/22
【ご報告】第5回オンラインセミナー(講師:行楽ジャパン袁 静氏、俳優・脚本家 松峰 莉璃 氏)を開催しました2022/09/22
【ご報告】「2022年度上期駐日代表処の集い」を開催しました(2022/9/16)2022/09/20
【北京だより】9月16日号2022/09/16
2022年度開講 中国マネジメントプログラム特別講座(11月4、8、11日)2022/09/16
【ご報告】「第三期チャイナマネジメントスクール」(第5回)を開催しました(9 /15)2022/09/15
【G20開発大臣会合、インドネシアにて開催】2022/09/15
【ご報告】「日中交流50年を振り返るパネルディスカッション」を開催しました(2022/9/7)2022/09/14
『火垂るの墓』2022/09/14
【ご報告】株式会社大分銀行向けに勉強会を開催しました(2022/9/9)2022/09/14
【講義のポイント(2日目)】第34回中国ビジネス実務セミナー(2022/10/6,7)2022/09/13
【講義のポイント(1日目)】第34回中国ビジネス実務セミナー(2022/10/6,7)2022/09/13
【ご報告】第42回中小企業支援委員会を開催しました(2022/9/12)2022/09/13
12345678910...