All Posts Blog: JCIPO INFORMATION
All Posts Author: JCIPO

【国家発展・改革委員会およびその他の部門による入札の厳格な運用強化について】

8 08 2022
0
0

(2022年8月1日    国家発展・改革委員会 HPより) ・入札制度は社会主義市場経済制度の重要な一部であり、資源配分における政府や市場の役割の発揮、投資融資制度の改革、国有資金の使用効率向上、汚職防止等の大きな意義があるが、未だに多くの未解決の問題がある。 ・入札者の主たる責任の履行、不合理な制限や隠れた障壁、入札回避、虚偽入札、談合、関連部門や有力幹部による妨害などの違法行為、入札代行サービスレベルのばらつき、一部の入札評価専門家が公正かつ専門的でない等の問題があり、入札規定及び制度の厳格な実施、入札当事者の行為の更なる標準化について強化する。 1)入札者責任の強化:強制入札制度の厳格な実施、入札書類の作成・発行の標準化、入札者の代理人の条件と行動規制、入札評価書の審査強化、異議申し立てのためのオープンチャンネル、契約履行管理の確実な実行、入札ファイル管理の強化、内部統制管理の強化 2)違法入札や不正の徹底的な取り締まり:入札・行為に対する厳格な規制、違法入札を撲滅するための取り組みの強化 3)入札評価専門家の管理強化:真摯な入札評価規律、入札評価の質の向上、健全な与信システム等 ・入札指導調整の指導部門と行政監督部門は、その政治的地位をさらに強化し、良心的にその任務と責任を果たし、入札規則と制度の効果的な実施を推進し、開放、公平、公正、誠実で信用できる市場環境を精力的に作り上げるべきであるとした。 (記事原文) https://www.ndrc.gov.cn/xxgk/zcfb/ghxwj/202208/t20220801_1332495.html?code=&state=123

【サービスアウトソーシング産業の新卒者の雇用誘致に関する積極的な取り組みに関する通知】

8 02 2022
0
0

(2022年7月29日 商務部HPより) 商務部は各省、直轄市及び各サービスアウトソーシングモデル都市商務主管部門、教育庁、人的資源社会保障庁、関係雇用者に対し、サービスアウトソーシング産業は知識集約型現代サービス業であり、雇用、特に大卒者の就職を吸収する重要な分野であるとして通知を出した。内容は以下の通り。 ・アウトソーシング企業は2022期大学卒業生のオンライン求人活動に積極的に参加し、「就職オンライン」等のプラットフォームにて無料での求人情報発表、大学卒業生の閲覧や履歴書の移送を容易にする等、特別採用活動を展開する。 ・卒業生のサービスアウトソーシング分野での就職創業に対する指導とサービス保障を提供する。 ・ 高等学校、サービスアウトソーシング企業、業界協会、研修機構などの間の交流プラットフォームを構築し、サービスアウトソーシング企業と大学を連携して、大学卒業生のサービスアウトソーシング産業と企業に対する理解を深め、新卒者のアウトソーシング分野への就職を奨励し誘導する等、学校と企業の協力を拡大する。 ・条件に合致する大卒者の雇用を採用するアウトソーシング企業に対し、就業手当、研修手当、社会保険手当等の政策支援を与え雇用の吸収を奨励する。 ・未就職の新卒者をアウトソーシング企業のインターン研修に積極的に参加させ、実践経験を蓄積するよう支援する。 ・サービスアウトソーシング分野で起業し就職する大学卒業生に対して、税収優遇、就職社会保険補助金などの政策を実行し、サービスアウトソーシング企業の新規大学卒業生の就業を支援する。 各地はこれらが今年の大学卒業生の就職活動において8月末までに実施享受されなければならず、新規大学卒業生の就職に積極的な成果を上げたアウトソーシングモデル都市については、2022年の総合評価にて考慮する。 (記事原文) http://www.mofcom.gov.cn/article/zwgk/gkzcfb/202207/20220703336990.shtml

【ご報告】当機構の佐藤会長が「第二回中日産業イノベーション発展交流大会」にビデオ登壇いたしました。

2022年7月29日(金)山東省済南市において「第二回中日産業イノベーション発展交流大会」が開催されました。済南市と日本企業との実務的な交流と協力推進に向け済南市人民政府、商務部投資促進事務局、山東省商務庁の共催により開催されたもので、当日は済南市会場において約150名の政府関係者及び日系進出企業が参加しました。当機構では商務部投資促進事務局からの要請により、佐藤会長がビデオ登壇の上、日中貿易の現状、本年発効したRCEPの活用、今後の成長分野であるAI,バイオなどの紹介を交え、日中産業発展への期待につきメッセージを発信いたしました。 当機構では今後も中日両国の着実なビジネス展開に向けさまざまなイベントにおいて発信をしてまいります。

【中国は世界一位の製造業大国としての地位を維持】

7 29 2022
0
0

(2022年7月27日 中央人民政府HPより) ・工業・情報化部は、中国製造業の付加価値は2012年の16.98兆元から2021年には31.4兆元に増加、世界全体シェアは22.5%から30%近くまで上昇、世界第1位の製造業大国としての地位を維持とした。 ・世界トップ500の産業・情報技術ブランド数は、過去10社から24社に増加。 世界主要工業製品500品目のうち4割以上が世界第1位。 ・2021年末、製造企業は40万世帯に達し、2012年比で23.5%増加。 内58社が世界トップ500リスト入り、2012年比で27社増加。。 ・製造業の形態は大きく変化、スマート、グリーン、サービス面での進化が顕著。 ・国内に23の国家製造イノベーションセンター、国家地域共同製造イノベーションセンターなどを建設し技術供給能力を大幅に向上。 【記事原文】 http://www.gov.cn/xinwen/2022-07/27/content_5702993.htm

【北京だより】7月28日号

7 28 2022
0
0

今週、北京は猛暑が続いて、空調がなければ生活が成り立たない毎日です。このような暑さの中でも、「常態化核酸検査」が続き、72時間に1回、市民らがPCR検査を受けています。下図はある住宅団地内のPCR検査拠点の様子です。偶には、検査の結果が翌日まで出なくて、地下鉄等の交通手段も利用できず、出勤できなくなってしまうケースもあります。

最新情報
【オンラインセミナー】「ここまで進化している!若い中国富裕層~消費・インバウンドの動向、日本へ期待する事~」(2022/9/22)2022/08/17
【協力】TJCC「日中国交正常化50周年オンライン特別セミナー~これからの中国を投資先としてどう見るか?」開催のご案内2022/08/14
【産業政策】  2022/08/10
『「野尻眼鏡」中国盛衰記④』2022/08/09
【効率的かつ円滑な輸送網の確保】2022/08/09
第34回中国ビジネス実務セミナー2022/08/09
【協力】日本国際貿易促進協会「日中経済の新動向とグローバルサプライチェーンの再編」シンポジウムの開催ご案内2022/08/09
【オンラインセミナー】第34回中国ビジネス実務セミナー開催のご案内(2022/10/6,7)2022/08/09
【セミナー】SPEEDA 『中国の「今」を知るデジタル経済の成長 スタートアップ・ECビジネストレンド』(2022/8/23)2022/08/09
【セミナー】『東芝が進める、研究開発起点の新規事業開発とは』(2022/8/30)2022/08/09
【国家発展・改革委員会およびその他の部門による入札の厳格な運用強化について】2022/08/08
【中国共産党中央委員会政治局:経済状況と経済活動を分析・研究するための会議を開催】2022/08/08
【新会員をご紹介します】ワタナベフーマック株式会社2022/08/08
【商務部発表情報】2022/08/03
【ご報告】当機構事務局長岡豊樹の富山県日中友好協会主催講演会の内容が「日本と中国」新聞に掲載されました(2022/7/31)2022/08/03
【サービスアウトソーシング産業の新卒者の雇用誘致に関する積極的な取り組みに関する通知】2022/08/02
【ご報告】当機構の佐藤会長が「第二回中日産業イノベーション発展交流大会」にビデオ登壇いたしました。2022/08/02
【中国は世界一位の製造業大国としての地位を維持】2022/07/29
【北京だより】7月28日号2022/07/28
『第2回:中国企業の対米直接投資動向』2022/07/28
12345678910...