移転価格「マスターファイル」の作成実務

10 13 2016


本書は,BEPS最終報告書に対応して各国の税務当局が進める移転価格税制の新ルールに則りグローバルに活動するわが国の企業が,マスターファイルを作成するにあたりどのように対応すべきかを,講義形式でわかりやすく解説する指南書です。本書では,以下に基づいて作成,準備することを目指します。

(1) 最初から完璧を目指さない。まずは社内で共有できる「たたき台としてのマスターファイル」を作成する。
(2) 「拙速は巧遅に勝る」(拙速対応の重要性を述べた孫子の兵法書の格言)。海外税務当局を意識し,早期に準備を始める。
(3) 社内リソースを最大限活用する。専門家に丸投げしない。

<目次> 
第1章 マスターファイルの背景と法規
第2章 マスターファイルのテンプレート
第3章 マスターファイル作成の要点
第4章 マスターファイルの個別論点
第5章 中国の移転価格文書関連規定と当局によるマスターファイルの具体的利用

編著:鈴木康伸・山田崇弘・森 信夫 ※著者鈴木康伸氏についてはこちら
定価:3,240円(税込)
◆A5判ハードカバー・244頁

◆ISBN: 978-4-502-19301-9
◆版元:中央経済社

◆案内・お申込み書(PDF)はこちら
◆版元の出版案内はこちら